内視鏡検査

内視鏡検査とは

胃や腸の様子を専用のカメラで確認する検査です

胃や腸の様子を専用のカメラで確認する検査です内視鏡検査は胃や腸に関する病気の早期発見と早期治療を行うため、専用のカメラを挿入して確認する検査です。
内視鏡とは先端にカメラのついたチューブで口もしくは肛門から挿入して消化器官内を検査する検査装置です。
前野クリニックでは、小さな腫瘍(ポリープ)や病変でも発見しやすい先進的な内視鏡システムを導入しております。

前野クリニックの内視鏡検査について

痛みの少ない、苦しさを軽減した検査

上部内視鏡検査(胃内視鏡検査)「痛い」や「苦しい」「つらい」といった患者さまの思いを少しでも軽減できるような内視鏡検査を行っております。
またご希望に応じて「鎮静剤」の使用も致します。検査前にも充分に説明をさせて頂きますのでリラックスして検査を受診出来ます。

日帰りでポリープ切除が可能

検査中にポリープが見つかった場合、その場で切除することが可能です。(患者さまにもご確認頂き了承頂いたうえで切除します。)
手術は日帰りなので、少し医院でお休みになられた後その日にご自宅に帰ることが可能です。
※ポリープの状態、大きさによっては専門の医療機関をご紹介する場合もあります。

上部内視鏡検査(胃内視鏡検査)

いわゆる「胃カメラ」の事を指します。
当クリニックでは経口内視鏡を使った胃の検査を行なっております。お口から胃にかけて先端にカメラのついたチューブを挿入し、食道・胃・十二指腸の内部を直接観察して異常がないかを検査します。
この検査でポリープやがん胃潰瘍など異常箇所などが見つかった場合は、その場でポリープの切除、または組織を採取して生検などの精密検査をする必要があります。

上部内視鏡検査(胃カメラ)の検査の流れ

1.事前診査・問診

事前診査・問診安全に検査を行うために、事前に常備薬の確認や薬のアレルギーなどをチェックします。
全身の状態を調べるために、血液検査を行ったり、患者さまの状態によってはエコー検査や心電図検査なども行う場合もあります。
※心臓病、不整脈、緑内障、眼圧が高い、糖尿病の方はお申し出ください。

2.検査準備(前日)

検査準備(前日)検査前日のお食事は夜の19~21時までに済ませて頂き、なるべく消化がいいものをいつもより少ない量で取ってください。
また、水分の量などの摂取制限はございませんが、飲酒は控えてください。水分の摂取は0時まで大丈夫です。
午前中に検査を行うので、早めに就寝して頂き、当日に備えてください。
食事の内容に関してはさまざまなご意見をいただきます。もし前日のお食事に関してご不明な点がある場合はお気軽にお問い合わせください。

3.検査当日

検査当日お食事はせずにご来院ください。
水の摂取は少量であれば摂取可能ですが、色のついた飲み物(コーヒー・お茶・スポーツドリンク・ジュース・牛乳など)はお控えください。

4.検査

検査検査検査着に着替えていただき、検査を開始いたします。
できるだけ苦しくない検査を行いますが、検査が不安だと思う方や過去に検査で苦しい思いをされた方は鎮静剤のご希望があれば使用させていただきます。鎮静剤を使用することでウトウトしている間に検査を行うことができます。鎮静剤を使用した場合は検査後1~2時間程度お休みしていただく場合がございますのでご了承ください。

5.検査後

検査後検査後の車の運転などは避けていただき、激しい運動等もお控えください。
お風呂は長風呂を避け、シャワーのみをおすすめします。

下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)

いわゆる「大腸カメラ」の事を指します。
内視鏡を肛門から挿入し、大腸の内側を直接観察して異常がないかを検査します。
この検査により、ポリープやがん、出血や炎症などの異常箇所を発見が出来ます。またポリープの場合はその場で切除か、生検でがんの疑いがあるかを精密検査致します。

下部内視鏡検査(大腸カメラ)の検査の流れ

1.事前診査・問診

事前診査・問診安全に検査を行う為に、事前に常備薬の確認や薬のアレルギーなどをチェックします。全身の状態を調べるために、血液検査を行う場合がございます。患者さまの状態によってはエコー検査や心電図検査なども行う場合もあります。心臓病、不整脈、緑内障、眼圧が高い、糖尿病の方はお申し出ください。検査の日時が決定致しましたら、前日に飲むお薬をお渡し致します。

2.検査準備(前日)

当院では、患者様の希望する下剤を処方し、前処置を行っております。

検査準備(前日)検査前日16時までに済ませて頂きたい下剤もありますので、夕食は16~19時までに済ませて頂き、根菜や海藻、蒟蒻などの摂取は控えて頂くのと、なるべく消化がいいものを、いつもり少ない量で取ってください。
水分の量には摂取制限はございませんが、飲酒は控えてください。
食事の内容に関してご不明な点がある場合はお気軽にお問い合わせください。

処方する下剤について
眠前に内服をしたいただき、当日朝より内服する下剤と。16時までに夕食をすまし、前日に半分、当日に半分の下剤を飲んでいただく方法を行っております。下剤の選択については、検査前の診察時に、ご本人様の体調や検査の経験などにより、一番苦痛が少ない下剤にしております。

3.検査当日

検査当日朝食は取らずにご来院ください。
水の摂取は少量であれば摂取可能ですが、色のついた飲み物(コーヒー・お茶・スポーツドリンク・ジュース・牛乳など)はお控えください。
朝9時頃にお渡しする前処置薬(下剤)を指示に従って内服してください。
約2~3時間・数回の排便で水便になります。その後は便意なく移動可能となります。

4.検査

検査下剤を飲んでも効果がない方には、追加でお茶を飲んで頂くか、必要であれば浣腸などの処置を行っております。
お腹の状態を見ながら、検査可能か判断致しますので、お腹の状態を遠慮なくお申し付けください。
便意が落ち着きましたら検査着に着替えて頂きます。午前11時半~12時に検査を開始いたします。
検査が不安だと思う方や以前の検査で苦しい思いをした方で鎮静剤のご希望があれば使用します。鎮静剤を使用することでウトウトしている間に検査を行うことができます。鎮静剤を使用した場合は検査後1~2時間程度お休みしていただく場合がございますのでご了承ください。

5.検査後

検査後検査後の車の運転などは避けて頂き、激しい運動等もお控えください。
お風呂は長風呂を避け、シャワーのみをおすすめします。

内視鏡検査の料金について

上部内視鏡検査(胃カメラ) 3割負担の場合 3,700円程度
下部内視鏡検査(大腸カメラ) 3割負担の場合 6,000円程度

※ピロリ菌チェック・生検(生体検査)が必要な場合は料金が変わります
※診察代は含まれていません

ポリープ切除 3割負担の場合 20,000円〜

※ポリープの大きさによって料金が変わります

前野クリニックでは、精密な検査や治療・入院など必要であれば、医療機関と緊密な診療連携を結んでおり、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

TOPへ戻る
ご予約・お問い合わせ tel.0929541812